POSシステムを取り入れて業務の効率化を図ろう

握手

海外起業と経営サポート

インドネシアでの会社設立は法的な基準を満たし適切な申請手続きを行う必要があります。また、現地のマーケットを重視したビジネス戦略も必要とされることからコンサルティングが欠かせないものとされているのです。

ポスを使うと便利になる

レジスター

人に聞けない基礎知識

お店ではPOSシステムの導入が盛んになっていますが、これは経営が楽になる商品です。まだPOSシステムを導入していない人で「POSって何」と言う人は今更人に聞くのも恥ずかしいため知っておきましょう。今までのPOSシステムはレジと一体になっていて、レジを通した時に商品のデータが蓄積されました。しかし最近はタブレットやスマートフォンにアプリをインストールして使うものが多く出回っているのです。従来までのレガシーPOSとの大きな違いは手に持って移動する事ができるため、飲食店ではオーダーと同時にそのデータがクラウド上にバックアップされます。リアルタイムでそれらのデータを閲覧できるためより快適に使える様になっているのです。具体的な機能は商品がいつどんな人に売れたのかを収集できるもので、天候や年齢のほか来店人数の把握も可能となっています。春にこれらの商品がこれくらい売れたからできるだけ多めに発注して売上を上げる事も可能です。決済も現金以外にクレジットカードやICカードといったものに対応できるのでスタッフの負担も少なくなります。その店舗だけでなく他店舗展開している企業はすべてのお店のデータを閲覧できるため不足があればすぐに指示することも行えるのです。POSシステムのデータはパソコンには蓄積されないため万が一パソコンが壊れてしまってもデータは大丈夫となっています。パソコンの機種変更しても契約していればすぐにデータ収集が可能です。