POSシステムを取り入れて業務の効率化を図ろう

海外起業と経営サポート

握手

コンサルティングの必要性

海外への進出を望む企業は多くなりますが、その中でもインドネシアは多くの経営者から注目されている地域です。これは国際的に良好な関係性が築けているため輸出入のビジネスが盛んな事もあり、幅広い分野のビジネスがインドネシアへ進出しています。そして、インドネシアでの会社設立には多彩なメリットがあり、その結果として資本金が少ない企業も進出するようになってきています。しかし、現地でビジネスを立ち上げる際には申請手続きやスタッフの雇用など会社設立に必要なプロセスをサポートしてもらうことが必要になります。また、これら会社設立の手続は一定の期間に終了させなければならず、何らかのトラブルが発生した際には専門家からの手助けを必要とします。その為、資本の大きな企業だけではなく、中小企業の多くが専門的なコンサルティングのサービスを活用し会社設立に役立てているのです。インドネシアではビジネス分野や資本金の額に応じて会社設立に適用される法律が異なります。また、ビジネスの種類によっては国内で使用していた販売戦略やプロモーションがインドネシアの市場に対応しないケースも見られるのが現状です。その為、適切な経営判断を下す為にも第三者からの助言が不可欠な要素とされます。このことからインドネシアでの会社設立を支援している企業は各種研修やカウンセリングの機会を提供し現地で国内企業の経営を成功させるためにサポートを提供しています。